総務課


仁愛会へ就職を希望される皆さんへ管理本部総務課の業務を紹介します。
総務課は、医療法に則って保健所や県庁医務課への窓口を担当しているので、医療行政との窓口となり、生きた病院運営事務が学べます。また、病院の収入源である診療報酬の施設基準届出を担当しており、施設基準の仕組みが理解できるところです。

また、法人から出す年報や記念誌を担当しており、いろいろな冊子を作成で、組織運営規程も学べます。是非、私達とマネージメントスタッフとして一緒に楽しく働きましょう!

 

用度課


・用度課の業務内容
用度課では仁愛会で使用する物品の供給・管理を行っています。病院施設内で消費される物品や材料の購入、保管管理を行っているため、膨大な材料の購入と在庫管理の責任部署であることから、病院経営上、重要な役割を担っている部署です。 用度課は医療機器・材料を通して臨床を直接支援する仕事であり、循環器センターや手術室には直接職員を配置し、事務系の中では最も臨床を近くで支えるため、医師、看護師を始めとした様々な職種の職員とのコミュニケーションをとり、事務系でありながら医療人としての意識を高く保て、誇りを持って業務に取り組める部署でもあります。法人内の物流の担い手として、常に現場に気を配り、満足な診療ができるようサポートする事が使命であり、それがより良い医療を患者様に提供する事に繋がります。

・共同購入への取り組み
我々はVHJ研究会の中で全国の有力病院と医療材料・医療機器・薬品をはじめとした様々な物品を共同購入しています。共同購入を通して低コストを実現する事はもちろんですが、メンバー病院と様々な情報交換ができる事から、一病院事務といった枠にとらわれない、広い視野を持った職員へと成長できます。

 

施設管理課


仁愛会の建物及び設備の機能を合理的に経済的に運用し、建物全体を安全に最適な環境を保ち、患者様が気持よく診療が受けられるよう、又、仁愛会職員が安全で安心して仕事に取り組める環境づくりを使命とします。その他に、車両管理、清掃管理も行っております。

変電室

ボイラー室