社会医療法人仁愛会 浦添総合病院 の各種特集ページ

耳鼻咽喉科(選択科目)

耳鼻咽喉科(選択科目)

研修方針
救急外来で一般的に遭遇する耳鼻咽喉科疾患に対する初期対応ができる診療能力を身につける。

◇GIO(一般目標)
基本的な身体診察法、臨床検査、基本的治療法、経験すべき症状、疾患のうち、耳鼻咽喉科領域の診療について重点的な研修を行い、診療能力を身につける。

◇SBO(個別行動目標)
1)基本的な診察:頭頚部、耳鼻咽喉の所見を診て評価する。
2)一般的な外来検査を行う:聴力検査、平衡機能検査、顔面神経検査、味覚検査、咽頭ファイバースコープなど
3)各種画像検査の読影
4)一般的な耳鼻科処置の研修:鼓膜切開、耳・鼻・咽頭異物除去、鼻出血止血術など
5)基本的な手術の研修:鼓膜チューブ留置術、鼻内手術、口蓋扁桃摘出術、咽頭扁桃摘出術、気管切開術など
6)研究への参加、学会活動

◇LS(研修方略)
1.病棟でのOJTが中心になる
2.主治医の指導の下で担当医として患者の診察に当たる。
3.各種カンファレンスに参加する。

◇EV(研修評価)
1.自己評価:EPOC(オンライン卒後臨床研修評価システム)と研修医手帳を用いて、自己評価を行う
2.指導医による評価:EPOCと研修医手帳を用いて評価する
3.臨床研修指導者、他職種による評価:「研修医評価票」を用いて、評価を行う

◇研修指導責任者及び指導医
指導責任者: 平塚 宗久
指導医:平塚 宗久

 

PAGETOP
Copyright © 社会医療法人仁愛会 浦添総合病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.