社会医療法人仁愛会 浦添総合病院 の各種特集ページ

緩和ケア(選択科目)

緩和ケア(選択科目)

◇GIO(一般目標)
緩和ケアの目指すことを理解し基本的治療ができる。

◇SBO(個別行動目標)
1)患者と家族の心情と苦痛を理解する。死生観や宗教観を尊重する。
2)緩和ケアは癌の初期段階から継続的に取組むものであることが理解できる。
3)患者と家族の全人的苦痛について理解する。身体的苦痛・社会的苦痛・精神的苦痛・スピリチュアルペインについて理解する。
4)癌に伴う痛みについてWHO方式がん疼痛治療が理解でき実践できる。
5)終末期への対処が出来る。臨終の立ち合いを経験する。
6)緩和ケアはチームで行うものであることを理解する(主治医、病棟看護師、外来看護師、化学療法室看護師、栄養管理士、リハビリ技師、薬剤師、社会福祉士、ケアマネージャー、ドクターズクラーク、医事課職員)
7)以下の症状についての評価と症状緩和について方針を出せる
①全身倦怠感  ②不眠  ③食欲不振  ④浮腫  ⑤呼吸困難
⑥嘔気・嘔吐  ⑦腹痛  ⑧便通異常(便秘)  ⑨腰痛  ⑩不安・抑うつ

◇LS(研修方略)
1.指導医の指導の下で、病棟患者を回診し、カルテ記載を行う。
2. 患者・家族の苦痛を軽減する方法を指導医・スタッフと共に考え対処する。
3.各種カンファレンスに参加する。

◇EV(研修評価)
1.自己評価:EPOC(オンライン卒後臨床研修評価システム)と研修医手帳を用いて、自己評価を行う
2.指導医による評価:EPOCと研修医手帳を用いて評価する
3.臨床研修指導者、他職種による評価:「研修医評価票」を用いて、評価を行う

◇研修指導責任者及び指導医
指導責任者:新里誠一郎
指導医:新里誠一郎

 

PAGETOP
Copyright © 社会医療法人仁愛会 浦添総合病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
ツールバーへスキップ