社会医療法人仁愛会 浦添総合病院 の各種特集ページ

精神科(選択必修科目)

精神科(選択必修科目)

Ⅰ.研修の方針
精神障害の診断と治療を学び、精神神経症状の評価と対応、心理検査、精神薬物療法、精神科救急、精神保健などについて外来及び入院を通じて研修する。
沖縄中央病院、新垣病院、平安病院、平和病院、精和病院、総合精神保健福祉センター、琉球病院のいずかの病院を選択し研修を行う。

◇GIO(一般目標)
プライマリー・ケアにおける精神疾患に対し、精神医学的手段を駆使して、心身両面からのアプローチで診断と治療ができ、専門医へのコンサルトの必要性とタイミングを判断できる能力を身につける。

◇SBO(個別行動目標)
1)面接と診断の方法を理解する。
2)精神症状を把握する。
3)薬物療法の基礎を学ぶ。
4)精神療法の基礎を学ぶ。(指示的精神療法を中心に)
5)治療計画を作成する。
6)家族および支援者の心理を理解し、支援方法を学ぶ。
7)チームとしての活動を進める。
8)精神科救急を体験する。
9)精神科領域におけるインフォームドコンセントを経験する。

◇LS(研修方略)
1.病棟でのOJTが中心になる
2.主治医の指導の下で担当医として患者の診察に当たる。
3.各種カンファレンスに参加する。

◇EV(研修評価)
1.自己評価:EPOC(オンライン卒後臨床研修評価システム)と研修医手帳を用いて、自己評価を行う
2.指導医による評価:EPOCと研修医手帳を用いて評価する
3.臨床研修指導者、他職種による評価:「研修医評価票」を用いて、評価を行う

◇研修施設・指導責任者
研修施設:新垣病院
指導責任者:佐藤 香代子

研修施設:沖縄県立精和病院
指導責任者:前田 浩

研修施設:沖縄中央病院
指導責任者:高良 聖治

研修施設:平安病院
指導責任者:安里 尚彦

研修施設:平和病院
指導責任者:宮城 則孝

研修施設:琉球病院
指導責任者:福治 康秀

研修施設:沖縄県立総合精神保健福祉センター
指導責任者:宮川治

 

研修施設:琉球病院
指導責任者:福治 康秀

研修施設:沖縄県立総合精神保健福祉センター
指導責任者:宮川治

 

PAGETOP
Copyright © 社会医療法人仁愛会 浦添総合病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.